ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

イベントカレンダー

 
  • 座間味ホエールウォッチング

    ビルが建ち並ぶ沖縄本島の那覇から、40kmしか離れていない座間味島近海に、繁殖のため、ザトウクジラたちがやってくるのをご存知ですか? と、その前に、まずは座間味島の基本情報をチェック。座間味島は慶良間諸島に位置しています。で、慶良間諸島は、慶良間村に属する座間味島(ざまみじま)と慶留間島(げるまじま)と阿嘉島(あかじま)、それから渡嘉敷村の渡嘉敷島(とかしきじま)などの島々から成っています。では、どうやって座間味島へ渡るかいうと、沖縄本島の那覇市にある泊港から、フェリーもしくは高速船で渡るのです。ここで、ようやくクジラの話題に! ホエールウオッチングは、座間味島から小型船に乗り、クジラたちに会いに行くスタイルが一般的です。申し込み方法や注意事項などは、下記にリンクした座間味村ホエールウオッチング協会のサイトに詳しく記載されていますので、ご覧になってみてください。この南の海に戻ってくるクジラたちは、皆さまの協力のもとじわじわと増えてきているとのこと!あの海は居心地がいいよ、と評判が広がっているのかもしれませんね、海のなかで。さあ、今シーズンもぜひ、沖縄の海で、ホエールウオッチングしましょう。
    座間味ホエールウォッチング協会http://www.vill.zamami.okinawa.jp/whale/index.html

    • 期間:〜4月上旬頃まで予定
    • 場所: 座間味島/座間味村/座間味諸島周辺海域
    • 問合せ:座間味村ホエールウオッチング協会(098)896-4141
  • 第30回 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント

    日本女子プロゴルフの開幕を飾る大会です。優勝選手に贈られる、ランで彩られた華やかな首飾りも印象的な大会。今大会より、世界基準の競技日程を採用して4日間の大会となりました。会場となる「琉球ゴルフ倶楽部」は、那覇空港から車で約35分に位置する都心近郊型の名門ゴルフコース。丘陵地にあり、眼下に海がひろがるコースもあります。大会の詳細は下記公式HPにて順次ご案内予定。なお例年、場内へのカメラ、ビデオカメラ、ラジオは持込禁止です。マナーを大事に、すばらしい大会にしたいですね。

    • 期間:3月2日(木)〜3月5日(日)
    • 場所:沖縄本島 南部/南城市/琉球ゴルフ倶楽部
    • 問合せ:琉球ゴルフ倶楽部(098)948-2460
    • 詳細:第29回 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 公式HP → http://www.daikin.co.jp/orchid/
  • ゆかる日 まさる日 さんしんの日

    3月4日は、沖縄県民なら誰もが知っている楽しい記念日、そう「さんしんの日」。琉球放送が提唱し、いまや知らぬ人はいないという記念日になりました。県内のみならず、県外にも大勢の愛好家がいる三線(さんしん)ですが、この日には例年読谷に、会派や流派を超え一堂に集まり、琉球古典音楽の代表曲「かぎやで風」などの演奏(唱)がおこなわれるのです。正午の時報にあわせてハワイ、東京など各地で同時に三線を演奏したりも♪ さらにこのタイミングで、三線ワークショップがおこなわれたり、プロによるライブが開催されたりも。沖縄民謡が、三線の音色が大好きだという方は、ぜひこの機会に沖縄を旅してみてくださいね。

    【facebook】https://www.facebook.com/34day

    • 期間:3月4日(土)
    • 場所:沖縄県全域
    • 問合せ:さんしんの日事務局(098)860-2069(RBCiラジオ制作部) 平日/午前10時〜午後6時
    • 詳細:「さんしんの日」公式サイト → http://www.34day.com/about.html
  • 第35回 東村つつじ祭り

    園内の丘を、約5万本のつつじが彩る風景はまさに、花の絨毯のよう! つつじ園(入園料300円)の高台からは、青い海やパイン畑などを眺められます。イベント期間中は例年ステージイベントや、“つつじマラソン大会(3月13日)”などが開催されます。隣接する「つつじエコパーク」には、バンガローやオートキャンプ場もあります。さらに福地ダムを遊覧する自然観察船「ゴンミキ号」(有料・所要50分・ダムの水位が低下した場合は運行を休止することあり)や、慶佐次川でのカヌー体験(有料)などで、やんばる(山原)の自然を楽しむこともできます。ちなみに東村はプロゴルファー宮里藍選手の故郷です。



    • 期間:3月3日(金)〜20日(月)
    • 場所:沖縄本島 北部/東村/東村村民の森 つつじ園
    • 問合せ:東村つつじ祭り実行委員会(東村役場企画観光課)(0980)43-2265
    • 詳細:東村村民の森 つつじエコパーク → http://higashi-ecopark.com/
  • サンゴの日

    3月5日は「さん(3)ご(5)」だから、サンゴの日! この日には、沖縄の小学校ではサンゴについて学ぶ機会が設けられたりもしています。自然環境はもちろん、沖縄の歴史にも、それから暮らしにも大きな関わりがあるサンゴたち。サンゴを知ること、それは沖縄を知ることでもあるのです。この機会に、サンゴのことを考えてみませんか?


    • 期間:3月5日(土)
    • 場所:沖縄県全域
  • 第3回 NAGOURAマラソン

    沖縄本島でのウルトラマラソン&本島北部でのフルマラソン大会です。なおウルトラマラソンとは42.195qを超える道のりを走るマラソンのこと・・・(汗)。ちなみにウルトラのレース開始時刻は夜明け前の4時30分。なお本大会のウルトラマラソンコースはズバリ、100q(制限時間15時間)、75q(制限時間11時間30分)、フルマラソンは42.195q(制限時間7時間)の3つ!なおフルマラソンの部のエイドステーションは4か所なのですが、必ず1回は島くとぅば(沖縄方言)で大会ボランティアのおじい、おばあに話しかけましょうというルールがあったりも。詳細は下記にリンクした公式HPにてご確認ください!


    • 期間:3月5日(日)
    • 場所:沖縄本島 北部/名護市/メイン会場:21世紀の森公園
    • 問合せ:NAGOURAマラソン大会事務局(0980)53-6607(月〜金の10時〜17時)
    • 詳細:なごうらマラソン公式WABサイト→http://nagoura.com/
  • 最南端!八重山の海びらき2017

    北の大地にはまだまだ雪が残る3月。ここ八重山では、晴れれば25℃を超す半袖日和になることもあります。というわけで、一足お先に“海びらき”をおこないまっす。今年はできたてほやほやの石垣島南ぬ浜人工ビーチでの開催が決定!2016年の初泳ぎは、石垣島市街地前のできたてほやほやビーチでぜひ!


    • 期間:3月18日(土)
    • 場所:八重山諸島 小浜島/はいむるぶしビーチ
    • 問合せ:八重山ビジターズビューロー事務局(石垣市観光交流協会)(0980)82-2809
    • 詳細:石垣市観光交流協会 → http://www.yaeyama.or.jp/
  • ムーンビーチ おきなわ全島やちむん市

    春季恒例の、リゾートホテルのロビーや廊下などが会場となる、屋内型やちむん市(陶器市)です。沖縄全島各地から約50もの窯元が集まる、県内最大規模を誇る陶器市でもあります。会場は「ホテルムーンビーチ」。屋内とはいえ水が流れていたり、緑がたっぷりと茂っていたりと、南国情緒あふれる会場でその雰囲気も楽しめることでしょう。もちろん入場は無料。各種体験教室やミニライブなども同時開催されます。



    • 期間:3月18日(土)〜20日(月)
    • 場所:沖縄本島 北部/恩納村/ホテルムーンビーチ内屋内展示場
    • 問合せ:ホテルムーンビーチ(098)965-1020
    • 詳細:ホテルムーンビーチ 公式HP → http://www.moonbeach.co.jp/
  • 第29回なんぶトリムマラソン大会

    県内最大のトリムマラソン大会です。ちなみにトリムマラソンとは、自分のペースで完走することが目的の申告マラソン。申告時間と完走時間の差で順位が決まります。本大会は、子供からお年寄りまで参加できる一大ファミリースポーツイベント。競技種目は多彩で、障害者手帳を有する車椅子使用者のための車イスコース、高校生以上が出場できるハーフマラソンと10kmコース、中高生も参加できる5kmコース、小学4年〜6年以内のための3kmコース、くわえてとくに年齢制限のないファミリーコースがあります。またコースごとに視覚障がい者の部があります。



    • 期間:3月19日(日)
    • 場所:沖縄本島 南部/糸満市/糸満市西崎陸上競技場前のエントランスほか
    • 問合せ:なんぶトリムマラソン大会実行委員会(098)963-8213
    • 詳細:なんぶトリムマラソン 公式HP → http://www.i-sam.co.jp/nanbutrim/gaiyou.html
  • 闘牛大会

    沖縄での闘牛人気はなかなかのもの。なにしろ県内の闘牛結果を速報する熱気むんむんな闘牛観戦記ブログ(下記リンク)があるほどなのですから! ちなみにそのブログにはある日の試合はこう記されています。“火花散る巨体激突に観客の肩は右、左と揺れ、会場は何度も大きなどよめきに包まれた。”と・・・。大迫力。ちなみに数十年前には、物凄く強い“ゆかり号”という名の闘牛がいて、この頃に生まれた女の子たちには“ゆかり”と名付けられた子がちらほらいたとか。なお、うるま市にある石川多目的ドームは駐車場完備、くわえて屋根がある闘牛場なので天気の心配いらずです。

  • 国立劇場おきなわ公演情報

    ユネスコ無形文化遺産に登録された「組踊」(国の重要無形文化財でもあります)、それから同じく国の重要無形文化財に指定されている「琉球舞踊」、沖縄芝居に沖縄の音楽や民俗芸能などを、楽しむことが出来ます。沖縄の伝統的な音楽と舞踊、そしてセリフからなる「組踊」は敷居が高いなと、お感じの方もいらっしゃるかもしれませんが、初めてご覧になられる方にも楽しんでいただけるプログラムも用意されています。こちらのプログラムなら、解説がはいったり、イラスト入りの解説書が配られたり、セリフ(琉球の言葉)が舞台両袖に字幕(標準語訳)で表示されたりするので、じゅうぶんに楽しめるはず。「国立劇場おきなわ」で、ぜひ組踊をご覧くださいませ。

  • 首里城 舞への誘い

    毎週4日(水・金・土・日)と祝日には、1日3回、琉球舞踊が舞われます。首里城ではぐくまれた華やかな舞踊と、民衆のあいだでつちかわれた雑踊り。この両世界をお楽しみください。なお屋外舞台につき、荒天時は中止になる場合があります。またイベント開催日にはおこないませんので、詳細は下記リンクにてご確認ください。

    • 期間:毎週水・金・土・日と祝日
    • 場所:沖縄本島 南部 / 那覇市 / 首里城公園無料区域内下之御庭
    • 問合せ:首里城公園管理センター → (098)886-2020
      首里城公式サイト 舞への誘い → http://oki-park.jp/shurijo/event/163
  • 那覇まちま〜い

    那覇の街を、気軽に、地元ガイドの案内で、定時出発でめぐることができる、うれしい“まち歩きコース”が、なんと約30種類も用意されています。初めて沖縄を訪ねた方も、リピーターの方も楽しめる充実のコース内容。しかも下記にリンクした公式サイトには、日付から検索できるコーナーもあるので、「この日に時間がちょっとあるけど、なにかいいコースはないかしら?」と気軽に参加可能なコースを探すことができるのです。料金は大人おひとり様1000円(例外もあります)。要予約。

    • 期間:年中
    • 場所:沖縄本島 南部 / 那覇市各地
    • 問合せ:那覇まちま〜い事務所(098)860-5780(受付時間9:00〜17:00)(※お電話の際には、「まちまーいコースの問い合わせです」とお申し出ください。)
      那覇まちま〜い → http://www.naha-machima-i.com/

おきなう

週刊おきなわ情報

沖縄の今をお届けします。

今日の美ら島

今日の美ら島

美ら島の最新情報をお届けします。

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる