ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索



第12回平和な宇宙を旅する男

今、頭の中は金城哲夫でいっぱいなわけよ。
知っている人も多いと思うけど、あのウルトラマンの生みの親が金城哲夫さんってうちなーんちゅであること、知らない人は少しビックリ!でしょ。
シリーズ最初の『ウルトラQ』から関わりヒーロー『ウルトラマン』を生み出し、ウルトラ兄弟のなかでは今でもNO.1ヒーローと言われている『ウルトラセブン』の時には,シナリオライターのチーフとして多くの伝説の作品を残したんだから。

photo01

しかし、『ウルトラセブン』以降は所属していた円谷プロを辞めて、沖縄芸能の世界で鮮やかな活躍をすることになるわけ、有名なところでは1975年、沖縄海洋博の開会式を演出したりとかしたんだけど、なかなかその華々しさと現実とがかみ合わず。
決して全てがうまくいったわけではなく、精神的な苦悩を背負いながら37歳にして不慮の事故でその短い生涯を閉じることとなったわけ。


今でもその一族が南風原という土地に『松風苑』という日本料理とすき焼きの店を営んでいて、そこには金城哲夫さんの書斎が当時のままで残されているので、もし沖縄に寄る際には興味のある人は脚を運んでみたらいいんじゃないですかねぇ。


ところで金城哲夫でなぜ頭がいっぱいかと言うと、彼を題材に一人芝居を 書いているところで、その資料だ、人から聞いた話だが頭の中をぐるぐる回っているわけ。
そんな中で芝居のストーリーとは関係ないけど、いい話があるもんだからその話を一つ聞かそうねぇ。

金城哲夫さんのお友達や家族から話を聞く限りでは、どうもお父さんの影響が大きいように思えるわけよ、お父さんは馬の獣医で馬に幼い哲夫を乗せて沖縄南部を一日二日往診するだけで当時の学校の先生の一ヶ月分の給与程の売り上げがあったとか?
それでお父さんのことを知る哲夫の友人は、
お父さんは「まさに『ちゅらさん』の啓文お父さんみたいに道楽者に見えた」とか言うわけ。
しかし、そのお父さんが道楽で、サトウキビしか生えていない広大な土地になぜか突然庭を作り始めたら、それがいつしか立派な庭園になって、今ではお母さんが始めたすき焼き屋と一緒になり、哲夫さんの息子さんが作る日本料理とも融合して、沖縄なんだけど何か独特の個性を放つ『松風苑』になっているわけさぁ。

photo02

ありし日の哲夫さんも、仕事柄空想の宇宙を旅しながら酒を飲みつつ友人に言ったことが
「もし、宇宙のどこかの星で、奥さんにどやされるのが怖くて上手く誤魔化しながら酒をチビリチビリ飲んでいる宇宙人の親父がいたとしたら、これほど平和なことはないだろ」
という話だったっていうから、戦火の中を逃げ回った体験から如何に本人が争いごとが嫌いで平和を愛していたかが、よく伝わってくるし、その独特の発想と目の付け所からウルトラマンも生まれたんだろうなぁと思わせるわけよねぇ。 シュワッチ

 

 







TOPへ

美ら島物語藤木勇人の『うちなー島旅見聞録』

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2015 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる