ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索




□初対面…
上品な小皿にちょこんと座った“とうふよう”が出てきた。1辺約2センチの立方体その固まりは、とろりとした朱色のソースをまとっているから、固まりの中の様子は全くわからない。沖縄料理屋で“とうふよう”を注文する。だいたい一皿500円くらい。ほんの小さな固まりでこのお値段だから、なかなか気位の高い食べ物だ。

□衝撃

その味については、賛否両論。まっぷたつに意見は分かれる。東京生まれの大分育ちで、沖縄初体験だった6年前の私には、“とうふよう”との出会いは衝撃だった。世の中にこんな食べ物があるのかと驚き(美味しいと思ったわけではない)、公設市場で“とうふよう”の瓶詰めを買い求め、両親へのお土産とした。母は、ジャムを入れるような瓶の中に、どろどろとした赤い汁がたっぷりと入っている瓶を、箱の中から取出して大騒ぎ。それから瓶を傾けて、漬け汁の向こうに見えるチーズのような固形物を見つめている。「高かったんだからね」。往生際の悪い母に私はそう言い、瓶を開けた。台所に、ぷーんと泡盛の香りがたった……。

□今や、ご飯の友に…

その後、足しげく沖縄へ行く私に、“とうふよう”は買ってこないようにと、母は言う。ところが、私はと言えば、“とうふよう”との出会いから6年を経た今、なんと!、時々無性に“とうふよう”を食べたくなるのだ。そうして、いてもたってもいられなくなり、冷蔵庫に眠る、残り僅かになった“とうふよう”の瓶から、それをひとつだけ取出し”ご飯のお友”として“とうふよう”を食べている。 空になりつつある瓶を覗くにつけ、そろそろ沖縄へ行かなくてはと思う。

□陸の珍味…

さて、そのお味だが、例えて言うなら「泡盛の香りたっぷり絹練り大豆(ウニ風味)チーズ」とでもなるのだろうか。 新島のくさや、滋賀のふなずし、富山の黒作り、肥後のからすみ、三河のこのわたがわが国を代表する水産物の珍味なら、沖縄の“とうふよう”は、まさに珍味界の“陸の王者”と言えるのかもしれない。


                                                    (2001.09.28掲載)




美ら島物語食べるコラム 美味しいを訪ねるとうふよう

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる