日本トランスオーシャン航空 JTA
沖縄情報・美ら島物語 ツアー・イベント エンターテイメント ショッピング スカイマンタクラブ 会社情報


1.運航開始(1967年) 2.本土復帰(1972年) 3.ジェット機導入
(1978年)
4.社名変更(1993年)
JAL機をリースしたため、JAL塗装をベースとしたデザインで運航 尾翼の「日の丸」を「南西航空」マークに変更 観光旅客の増加に対応し、南国的な明るいオレンジ色の流線型ストライプを採用 尾翼は美しい海に反射する沖縄の太陽を表現。JALグループの一員であることを明確にした
CV-240 YS-11 737−200 737−400スカイマンタ
BEECH H-18 DHC-6 YS-11 737−200スカイシーサー
<旧・南西航空マーク> <現・JTAマーク> DHC-6 YS-11

県民や観光客の足にふさわしい航空会社としての安全性と信頼性を表現。全体の円い形状は南国の太陽と日の丸を暗示し、島々を飛ぶ軽快でスピード感ある鳥の姿をシンボライズ。

直立した黒い文字は、誠実さ、堅実さを表現。赤いスクエアは若々しさとエネルギー「燃える情熱」を象徴。グレーのバーは、未来に向かって挑戦する躍動感、スピード感を象徴。

   

HomeHeadlinesサイトについてサイトマップご意見・ご要望・お問合せ
Copyright(c)1995-2004 Japan TransOcean Air.All rights reserved.