編集部より

TOPへ戻る


2007.07.31(火)晴れ32度
ハイサイ、チューウガナビラ。昨日の午後からなんとなく風が強くなっていて、台風が遠くにあるのを感じます。台風5号ははじめ、関東よりの進路予想でしたが、ジワジワと西寄りに進み、現在九州の南をかすめるルートになっています。そのせいで明日から沖縄地方も海にうねりが入りそうです。外から見ると穏やかに見えても、水中に入ると流れにもまれたりするので、知らない海には充分な注意を払って入るようにしなくてはいけませんね。しかしこの台風、台風情報が新しくなるたびに西によって来ているので、もしかすると沖縄地方に接近なんてこともあるかもしれませんね。昨年の台風も当初の予想よりかなり西に進んでいたし。今年は台風の発生事態が少なめ。地球温暖化と何か関係があるのだろうか。最近は満潮時に港へ行くと、海水面がかなり上がっているのをよく見かけます。あと30cmで海があふれるぞー、ってことだってあります。水は温まりにくくて冷めにくい。一度温まると冷やすのにも相当な時間がかかるそうだから、そろそろ本当に何か対策をしなくてはいけないのかもしれませんね。イチデージになる前に。

【今日の島くとぅば】
イチデージ=一大事

って感じ、ではまた。(森山卓)


2007.07.30(月)晴れ 33度
ハイサイ。チューウガナビラ。陽射しの強さと反射熱で、モワーンとしてくる南の島の午後です。でも、影に入ると涼しい風が吹いてきて、かなり*イイアンベーだったりします。先週は与那国へ行っていました。美ら島物語カメラマンの新井さんと一緒に。新井さんは海に潜って海底遺跡の写真を撮影していました。みんなが上がってくるのを待っている間は、海の中で魚が泳いでいるのやウミガメが通り過ぎていくのを船の上で見つけながら過ごしていました。与那国の海は青がとても深くて透き通っていて、水深30mのとこころでも海底が見えます。海底遺跡の上でも、波が止まると遺跡の姿が海の上からでも見えるので、何となく得した気分。この遺跡、1万年程前までは地上にあったそうです。氷河期が終わり、海水面の上昇によって海に沈んだもののようです。ただ、遺跡なのか、石切場なのか、はたまた違うものなのかはまだわかっていないそうですが、自然の地形に人が手を加えたものだというところまでは解明されているようです。今回は、撮影の邪魔になると困るので、海には入りませんでしたが、海底のロマン、一度はこの目で見て手で触れてみたいものです。


【今日の島くとぅば】
イイアンベー=いい気分、いい感じ。

って感じ、ではまた。(森山卓)


2007.07.24(火)晴れ32度
ハイサイ、チューウガナビラ。お昼頃から那覇の上空に入道雲が湧き上がり、どこかで*カタブイしている真夏の昼下がり。外に出るとミークラクラーする陽気です。さて、明日から美ら島物語カメラマンの新井さんと一緒に与那国島へ行ってまいります。JTA便で朝那覇を発って石垣空港で乗り継ぎすると、午前中に与那国島まで辿り着けます。新井さんとは石垣空港で待ち合わせ。今回、新井さんは海底遺跡の撮影です。私は、風景の撮影と取材。お天気よさそうなので、ぐわーんと沸き立つ入道雲の前で佇む与那国馬の姿なんか撮れたらいいなと思っています。日本の端っこ、国境の島。110kmほど西には台湾があり、外海に浮かぶ孤島といった感じの与那国島ですが、なぜか優しく大きく感じてしまいます。与那国に行くと必ず空港売店で買って帰るのがカマボコとクバモチ。どちらも美味でみんなにも喜ばれます。今回は、与那国島のコーレーグースも頼まれていますので、私も一つ買ってお味を試してみたいと思います。

【今日の島くとぅば】
カタブイ=片降り、ミークラクラーする=目がクラクラする(眩暈)

って感じ、ではまた(森山卓)


2007.07.23(月)晴れ時々曇り32度
ハイサイ、チューウガナビラ。空は少しガスっていますが*ティーダカンカン南の島です。先週の宮古島ではベストショットがかなり撮れて満足にっこり。鍾乳洞洞窟探検ツアーも神々しくてなんだかありがたいツアーでした。レポーターとして一緒に行ったまいこちゃんも、ミラクルでスピリチュアルなひと時に大満足の様子でした。土曜日に戻ってくると、本島も陽射しがかなり強くなっていて、ジリリ。長い夏はまだまだ続くけどすでに肌は真っ黒け。まいこちゃんから、目から入る光の量で日焼けの度合いも違ってくるそうだと聞いたけど、最近は外では必ずサングラスを着用していて確かに焼け具合も少し弱いみたいです。夏の陽射しは水分も体力も奪うし、日中ずっと外にいると夜になってからガクンと疲れがやってきたりするから、水分をたくさんとってごはんもいっぱい食べて、夏を乗り越えようと頑張っています。ま、夕方以降の水分は泡盛の水割りで十分まかなえているかも、はははっ。今週は日本最西端の地、与那国島へ行く予定です。

【今日の島くとぅば】
ティーダカンカン=お日様ギラギラ
って感じ、ではまた。(森山卓)




2007.07.19(木)晴れ
昨日から美ら島物語カメラマンの島袋さんと宮古に来ています。お天気は快晴ですが、雲少々。昨日の晩は『今日の宮古島』ライターの蒼さんと一緒に居酒屋で泡盛一本飲んだので、今朝は爽やか。来間島、与那覇前浜、砂山と巡り、今はすむばり食堂でランチタイム中。このあとは池間大橋で、伊良部島の漁師のサバニが通るのを撮って東安名崎、イムギャー、と巡って島を一周。夕方は来間島で夕日を撮って一日が終わり。夏はホント体力勝負です。でも、宮古島の開放感は人を元気にしてくれます。
明日は鍾乳洞洞窟スピリチュアルツアーの取材。『今日の沖縄本島』ライターのまいこさんが挑みます。では、※ハマティクーイー

【今日の島くとぅば】
ハマティクーイー=頑張ってきましょうね
って感じ、ではまた。(森山卓)


2007.07.17(火)曇り/雨30度
ハイサイ、チューウガナビラ。台風4号が通り過ぎ落ち着きを取り戻した沖縄です。今回の台風、接近中はかなり風雨が強く、*ウリヒャーデージナトーン!と思いながら夜を過ごし、午前8時くらいまでは猛烈な暴風雨でした。出勤しようと外へ出たらあっという間にレインコートのボタンが全部外れ、首に巻いていたタオルもどこかへ吹き飛んでいってしまいました。でも、8時過ぎに那覇が台風の目に入ると、風雨が弱まったので出勤。街は倒木や木の葉でかなり荒れ模様。水タンクも転がっていて、風の強さを思い知りました。台風の目から出ると、再び風雨が強くなりましたが、接近中に比べたら弱くなっていました。普通台風の右側が通過したら激しい返し風が吹くのですが、今回は北側が強かったようで、フェードアウトしていきました。昔から沖縄では返し風が吹かないとまたやってくるといわれているので、今年は本島地方にまた大きい台風が来るかもしれません。昨日は青空も見えていた沖縄ですが今朝は濃いグレーの雲がもくもくと湧いていて、午前中は雨。午後から曇りになるようです。

【今日の島くとぅば】
ウリヒャー、デージナトーン!=わーお、大変なことになっている!

って感じ、ではまた。(森山卓)


2007.07.10(火)晴れ32度
ハイサイ、チューウガナビラ。重たく湿った風が吹いている沖縄です。これは台風の前の風。台風4号は、週末金曜日あたりに沖縄本島地方に接近する模様です。中心気圧は975hPaで、暴風雨域ができています。沖縄本島に接近する頃には935hPaほどになる模様で暴風雨域も大きくなるはずです。12日の夜からは、警戒が必要かもしれません。この台風は衛星画像を見ると雲が集まってきていてかなり大きくなりそうな感じです。沖縄付近で進路を変える時にスピードが落ちて発達することも多く、長い時間風雨にさらされるので、直撃したら*ウトゥルシー状況になります。このままの進路で進むと13日にビンゴ。金曜日なので『週刊沖縄情報おきなう』の更新日。できる限り更新しますが危険なときは台風が去ってから更新します。なんとなーく、強く来そうな気配をを感じる夕暮れ前のひと時です。

【今日の島くとぅば】
ウトゥルシー=恐ろしい

って感じ。ではまた(森山卓)


2007.07.09(月)晴れ33度
ハイサイ、チューウガナビラ。はるか南の海に台風4号が発生していますが、少しその影響があって雲の流れがいつもと違っています。今のところ小さい台風で暴風雨域はありませんが、北上するにつれて発達することが予測されているそうで、明後日の予測では950ヘクトパスカル、最大風速40m。週末あたり沖縄地方に接近するかもしれません。去年一昨年と沖縄本島は台風の直撃を受けていないので今年は何となく来そうな予感です。街路樹も台風が来なかったせいで葉をたくさんつけているので、重さに耐え切れず*トーリル木が多いかもしれません。ただ、台風は海水温の上昇を防ぐといわれているので、地球にとっては必要な自然の営み。人としては怪我などの被害が出ないように注意するしかありません。今一番恐いのは、数年来ていないために台風の力を忘れかけているということ。私は仕事柄、台風の時には海の写真を撮りに行くので何度も恐い思いをしたことがあります。ただ、海のそばは危険なので熟知した海で海岸から離れたところからしか撮りませんが、ある年ある日、写真を撮っていたすぐ近くで男女数名が階段型の人工海岸へ降りてしまい、沖へ流されて帰らぬ人になったこともあり、翌朝の新聞でそのことを知りました。週末に沖縄を訪れる皆様、台風がやってきたら海へは行かずに安全に過ごしてくださいね。

【今日の島くとぅば】
トーリル=倒れる、トーリトーン=倒れている、トーリータン=倒れた

って感じではまた、(森山卓)


2007.07.06(金)晴れ32度
ハイサイ、チューウガナビラ。今日もまたまたあぢぢの沖縄です。空をとっても薄い雲が覆う時間もありますが、陽射しを弱めるほどではなく、いつの間にか消え去って青空が広がります。美ら島物語に携わる人々は、宮古へ石垣へとみなさん取材に動き回っているところですが、明日私も離島へ行く予定です。お天気は多分心配ないだろうから、また*ナンチチ色になって帰ってくることでしょう。週末は沖縄市でピースフルラブ・ロックフェスティバル、石垣市では産業まつり、読谷村ではおさかなフェスタとハーリー大会が開催を予定していて、これまた賑わいそう。そして来週の土曜日14日には海洋博公園で花火大会。1万発を打ち上げる予定だそうで、夏の夜空を炎が彩ることでしょう。エイサーの練習もあちらこちらで始まってなんとなくソワソワウキウキ。夏ってホント、いいですね。みなさまどうぞよい週末を!
【今日の島くとぅば】
ナンチチ=コゲ

ではまた来週、(森山卓)


2007.07.05(木)晴れ32度
ハイサイ、チューウガナビラ。もわもわな熱気がアスファルトから立ち上る沖縄です。相変わらずのピーカンで、さとうきび畑ではスプリンクラーも積極稼動中。わーっと叫びながら走って海に飛び込みたい気分です。夏場は島から戻る度、「あんた、ゴルフ三昧か?」と聴かれたりします。どんな仕事をしているかわからない人は*『島アッチャーヤサ』と答えても「はぁ〜?」って顔されますが、あえて説明はせずに、ニヤニヤしていると、島でゴルフか?*イイアンベーヤサヤーとまた言われたりします。
*ティーサージを頭に巻いて半ズボンにTシャツ姿で海辺を歩いている姿を見たら「*ヌーソーガ?!」と、きっとびっくりすることでしょう。職業病的に、晴れていたら夕日が沈むまで、うろちょろしながらファインダーを覗き込み、シャッターを押しつづけ、星が出るとティーサージを外して一日の仕事が終わり。汗を流して体を動かす健康的な生活ですが、週に3回島へ行くと、がくっと疲労が押し寄せることもあります。真夏の陽射しは恵みでもありますが、人を倒す力も持っているので自然と体と相談しながら適度に休憩しながら島を巡らなくてはいけません。昨年一昨年と、熱中症の一歩手前で水分を大量にとってギリギリセーフでしたが、夢中になっていると体のリクエストを跳ね除けてしまいますから、みなさまも夏の海辺ではご注意くださいね。

【今日の島くとぅば】
島アッチャーヤサ=島歩き(島旅)だよ
イイアンベーヤサヤー=いいねー、いいあんばいだねー
ティーサージ=手ぬぐい、タオル
ヌーソーガ?!=何しているの?!

って感じ、ではまた。【森山卓】


2007.07.04(水)晴れ32度
ハイサイ、チューウガナビラ。いやー、雨の日を忘れるくらいのピーカン続き。陽射しに照らされアスファルトも白く光っています。久米島から戻ってきました。昨日のはての浜ではいい写真が撮れました。9時に行って12時に戻った後は久米島島内をぐるりと回りながら撮影。鳥の口と呼ばれる景勝地にはちょっと急な階段があって、上りきると絶景でトンバラ岩もくっきり見えるので、きつくてもカメラマンは上っていくのです。しかし、島袋浩カメラマンと二人、降りてきたときには*ヒサガクガク。そのあと西側の海岸にある立神岩へ行こうかと思いましたが、行きよいよい帰りはハタハター、になることをイメージしてやめておきました。ま、あんまり無理すると熱中症になったりしますからね。

【今日の島くとぅば】
ヒサガクガク=足ガクガク、足が震える様子
ハタハター=疲れきる、疲労困憊

って感じ。ではまた(森山卓)


2007.07.02 (月)晴れ 30度

ハイサーイ、チューウガナビラ。ただいま真夏の久米島はての浜にいまーす。ただっぴろい砂の島に人六名、ピーカンの空に雲ふわふわで風がさわやかーに吹いています。渡り鳥のアジサシが空を飛び、夏だらけ。ただ、大潮の干潮で日頃姿を見せない岩場がでてきたので、写真的には微妙ですが、大きなシャコ貝やコバルトスズメなどもいて、自然をたくさん観察できました。
明日は朝から満潮を狙って再びはての浜にやってきます。これから久米島に戻って風景を撮り夕日までがんばりまーす。


って感じ。ではまた(森山卓)


2007年6月

2007年5月


2006年9月

2006年10月

2006年11月

2006年12月

戻る

ご意見・ご感想をお寄せください。