『サトウキビ畑が広がる小浜島』


新年、明けましておめでとうございます。

本年も安全運航に努めてまいりますので、昨年同様かわらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。


2018年スタートの美らっくRAC第28弾は、小浜島をご紹介いたします。

小浜島は八重山諸島のほぼ中心に位置し、人口約670人、バイクだと約1時間で島を一周することのできる小さな島です。

島の伝統行事「詰願祭(きつがんさい)」の開催に合わせ、客室乗務員の矢嶋と上地が小浜島に行ってきました!

 

 

 

<詰願祭(きつがんさい)>

 

毎年旧暦の8月に行われる詰願祭(きつがんさい)は、その年の豊作と健康に感謝し、翌年の五穀豊穣・無病息災を祈願する祭事で、2007年には国の重要無形文化財にも指定されています。

普段立ち入ることのない御嶽(うたき)(神を祀る聖所)に島中の人が集まり、伝統芸能を奉納します。男性の力強い棒術に、美しい伝統衣装を身にまとった女性の舞踊が続き、子どもたちのかわいらしい踊りに会場は湧きます。また舞台上で自分の出番を待ちながら正座したまま寝てしまった女の子に笑いが起き、和やかな雰囲気に包まれる場面もありました。 マイクなどの音響設備を使わずに聴く唄と三線の音色はとても心地よく、会場全体を温かく包み込んでいました。

矢嶋

「沖縄の伝統行事に初めて参加しました!本土では味わうことのできない空間ですね。島の人たちの一体感がすごかったです」

上地

「小浜島の一人ひとりが島に伝わる伝統芸能や文化を大切にし絶えず継承してきたことが伝わってきたね!」


 

<大岳(うふだき)>

 

詰願祭の余韻にひたりながら、最も標高の高い大岳(うふだき)へ!標高約99mの頂上を目指し、290段の階段を登ると、360度の素晴らしい大パノラマが広がっていました!

 

矢嶋

「石垣島、竹富島(たけとみじま)、西表島(いりおもてじま)、、、わぁ~鳩間島(はとまじま)、嘉弥真島(かやまじま)も見えます!小浜島は八重山諸島のほぼ中心に位置しているので色んな島を見ることができますね!」

 

上地

「眺めさいこ~!小浜島にきたら外せないスポットだね!それにしても、そろそろ小腹が空いてきたなぁ…」

 

矢嶋

「スイーツを食べに行きましょう!おいしそうなお店をリサーチしてあります♡」

 

 


 

 

<はいむるぶし>

 

続いてやってきたのは、小浜島の東部に位置するリゾートホテル「はいむるぶし」です。

敷地内の海Caféで小浜島名産の黒糖を使ったソフトクリームをいただきました。

 

上地

「ほのかな黒糖の甘みがとっても美味しいね。」

 

矢嶋

「はい、目の前ではサンゴ礁が広がる海がキラキラしていますし、ロケーションも最高ですね!」

 

 


 

 

<シュガーロード>

 

最後に小浜島の有名な観光ポイント、「シュガーロード」をご紹介します。両側サトウキビ畑が広がる中、まっすぐに延びる約1キロの一本道。歩いていると、放牧されている牛やヤギに出会えるかもしれません。

自転車をかりてサイクリングも気持ちよさそうですね!

矢嶋

「のどかな自然に囲まれる散歩道に癒されますね~♪」

上地

「昔は道の途中の一本松が、デートスポットだった らしいよ(*^_^*)」

 

矢嶋

「小浜島の旅いかがでしたでしょうか?石垣島からは船で30分ですし、船便も多くでているので足を伸ばしやすい離島ですよ。」

 

上地

「ゆったりとした時間が流れる小浜島で、昔ながらの沖縄の風景や文化にふれることができることでしょう。ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?」

 

 

 

 

 

 

【機内販売】



 

1月の新商品は、沖縄県浦添市にお店を構えるCOKOFUから「ここふ~RACオリジナルギフト~」をご用意いたしました。

京都のお麩を厳選素材で包み込んだヘルシーな麩菓子で、さっくり、ふわっとした食感が新鮮!無添加、無着色、動物性原料不使用なので、健康志向の方やお子様にも安心してお召し上がりいただけます。チョコレート味はRAC機内限定販売です!

ご希望のお客さまは、お気軽に客室乗務員までお知らせ下さい♪


 

 

※掲載記事・写真の無断複製はできません