ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

高良教授に学ぶグスク
按司(あじ)
沖縄では、12世紀頃から貝塚時代から農耕を主体とした生活に転換し、これが定着するにしたがって共同作業の必要性から村落が拡大していった。

そして、拡大した村落をまとめるために各地に強力な指導者・支配者が生まれ、土地を支配し富を蓄えた。

これが按司の始まりと考えられている。

力の強い按司は他の村落を次々に統合・勢力を拡大し、また13世紀〜14世紀になるとグスクと呼ばれる城塞を築いてここを中心にした小国家を形成していった。
三山時代(さんざんじだい)
今帰仁グスクを拠点に沖縄本島北部地域を支配した按司が「北山(ほくざん)」 浦添グスクを拠点に沖縄本島中部地域を支配した按司が「中山(ちゅうざん)」 島尻大里グスクを拠点に沖縄本島南部地域を支配した按司が「南山(なんざん)」である。

それぞれは王として名乗りをあげ、沖縄はこの三つの勢力に分立・対抗した。
この時代を三山時代という。

三山の王たちは、それぞれが中国皇帝と外交・貿易関係を結び、国際社会にまで勢力争いを波及させた。

三山対立は、中山の尚巴志(しょうはし)が1416年に北山・今帰仁グスクを滅ぼし、さらに1429年に南山・島尻大里グスクを滅ぼし、琉球統一を成し遂げた。
首里王府(しゅりおうふ)
首里は統一後の琉球王国の首都。首里王府は琉球王国の統治組織。

琉球を統一した中山はもともと浦添グスクを拠点としていたが、1406年に思紹(ししょう)・尚巴志親子が武寧(ぶねい)を滅ぼした後ごろから、首里城に拠点を移したと推定されている。

その後、尚巴志は北山、南山を平定して統一政権を樹立したことによって、首里城が琉球国王の拠点となり政権の中心となった。

首里王府には、国王を頂点として様々な政治・行政システムが配置され、聞得大君を頂点とする神女組織もその一制度である。1879年の琉球処分まで機能した。

北山監守(ほくざんかんしゅ)
尚巴志は、1416年に今帰仁グスク・北山王 攀安地(はんあんち)を滅ぼし、次男・尚忠(しょうちゅう)を任じこの地域の監視にあたらせた。

この時にできた役職が北山監守、代々今帰仁城を居城にした。

北山監守は、その後も琉球王の親族が任じられることが多く1665年まで続いたが、薩摩の支配下の中でその必要性が薄れ廃止された。

ユタ
神がかりなどの状態で神霊や死霊など超自然的存在と直接に接触・交流し、霊魂や祖先祭祀にかかわる呪術・宗教世界に深く関与している。
東北地方のイタコにも見られるような、シャーマン的職能者。

一方、ユタの関与する範囲は、運勢判断、事業の成功・不成功、結婚の相性、建築の風水、安全祈願、病気の原因判断とその除去、位牌や墓、祖先の祭祀に関する疑問や不審・適否の判断、村落の公的な祭祀の儀式など様々な分野に及んでおり、一種のカウンセラー的役割も果たしている。

ユタは迷信視されることもあるが、沖縄の人々の生活と信仰のなかで大きな位置をしめている。

(参考資料) 図説 琉球王国 (高良倉吉・田名真之) 沖縄大百科事典(沖縄タイムス社)
琉球歴史年表
(2001.04.27掲載)




美ら島物語美ら島情報沖縄本島世界遺産特集

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる