ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索


中秋の宴
(旧暦8月15日)
琉球王朝時代、中国皇帝の使者「冊封使(さっぽうし)」をもてなす為に行われた七宴のひとつ。
旧暦の8月15日、十五夜・中秋の名月の下で行われます。

新春の宴  
   中秋の宴
 首里城祭・琉球王朝絵巻  
 関連リンク  
 ・世界遺産特集
 ・沖縄本島情報
 



中秋の宴
首里城

琉球王朝時代、中国皇帝の使者「冊封使(さっぽうし)」をもてなす為に行われた七宴のひとつ。
旧暦の8月15日、十五夜・中秋の名月の下で行われます。
冊封とは中国皇帝が使者を派遣して琉球の新国王を任命する事で、明代(1368年建国)より顕著になった、中国皇帝を頂点とした国内及び周辺諸国(朝鮮、琉球、シャム、インドネシア等)との君臨関係を秩序した体制を冊封体制と言います。
冊封使は皇帝の使者として船で朝貢国に赴き任命式を行いました。琉球に派遣された冊封使は、平均500名程度で、福州から5月〜6月の南西の季節風を利用して台湾、久米島、慶良間島を経て約11日間ほどで那覇港に到着。帰路は、9月〜11月の東北の季節風を利用して中国に戻っていったそうです。


このように4〜6ヶ月間、琉球に滞在した中国の使者をもてなす為に、滞在中7回の招待行事を催しました。


冊封使の残した報告書によれば「琉球は朝貢国の中でも中国文化が普及している」とされており、冊封使のこのような長期滞在やそれをもてなす為の料理、芸能などが琉球文化の形成 ・洗練に大きな影響を与えたと考えられます。


中秋の宴は、首里城内に設けられた仮設舞台での琉球芸能観賞の宴で、現在行われている中秋の宴でも、旧暦8月15日の前後3日間、伝統芸能披露や民謡ライブなどが行われます。また、首里城関連の儀礼行事に参加する国王・王妃役を選出するコンテストが開かれ、毎年一般公募により、新国王・王妃が選出されます。

冊封使






 

琉球芸能観賞の宴




←もどる つぎへ→


(2002.01.15掲載)




美ら島物語美ら島情報沖縄本島首里城のお祭り

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる