ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

ハーリー
ハーリー 写真
写真をクリックすると拡大してご覧頂けます。
那覇ハーリーは、廃藩置県で禁止されたが1975年に復活。沖縄のハーリー行事の中では最大規模。ハーリーを観光客にも見てもらいたいという意図もあり、ゴールデンウィークに重なる新暦の5月3日〜5月5日の間に行われる。


那覇ハーリーと他の地域のハーリーとの違いは「舟」にある。那覇以外の地域のハーリー舟は、漁労用のサバニを漕ぎ手10名、舵取り1名で操るのだが、那覇のものは、全長14.55メートル、重さは2.5トン、漕ぎ手は32名、鐘打ち2名、舵取り2名、旗持ち他6名と乗組員が42名になる大型のもので、舳(へさき)には竜頭を、艫(とも)には竜尾の彫り物を飾った特別な舟である。
3隻の爬竜舟の色は、濃緑色は「那覇」、黄色は「久米」、黒色は「泊」とされており、この3隻により競漕が行われる。ちなみに「那覇」は日本、「久米」は中国、「泊」は沖縄を象徴すると言われているそうだ。


かつての那覇ハーリーは、その勝敗を巡って激しいトラブルが起こるほどの真剣勝負であり、乗組員も海人を雇ったり、地域の屈強な若者から選抜するなどして選りすぐった。これに選抜された者は家門の名誉として祝い饅頭が配られることもあったそうだ。中でも鐘打ちは美少年から選ばれるので、最も注目を集めたようだ。
競漕は、那覇港から漫湖に向かって行われたという。


現在の那覇ハーリーは、中学生から一般職域まで幅広く参加できるようになっており、女性だけのチームによる競漕や「自衛隊vs海上保安庁」、「航空会社vs管制官」など多彩な組み合わせになっている。その会社、団体の名誉がかかっていることもあり、毎年ハーリーの季節が近づくと残業もそっちのけで連日連夜ハーリーの練習に取り組む会社も少なくないとか。


那覇ハーリーの最後を飾るのは、「御願(うがん)バーリー」と「本バーリー」。御願バーリーは、古式ハーリーに則った衣装でハーリーウタ(歌)を歌いながら、ゆっくりとあざやかな櫂さばきで港内を回遊する儀式で、文字通りこの儀式を神に捧げ豊穣を願うものである。その後、港内を往復・競漕する本バーリーが行われその年の覇者が決まる。
(2002.07.11掲載)

那覇ハーリー糸満ハーレー石垣市爬龍船競漕大会白保ハーリー伊良部ハーリー




美ら島物語美ら島情報爬竜舟競漕・ハーリー

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2015 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる