ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

美ら島物語 釣り王国
豪快、爽快パヤオフィッシング

観光客や、地元の釣り人から

「とにかく大型の魚が釣りたい」

とのリクエストがあると、即座に

「パヤオのマグロ釣り」と答えます。

「マグロって、素人でも釣れるんですか!」
と多くの人がそう言って驚きます。

それがパヤオなら可能なんです。南国沖縄の海でマグロと格闘という夢のような話が、誰でも楽しめるのがパヤオ釣りなのです。

image1

image2

パヤオって

『パヤオ』とは、別名『浮き魚礁』とも呼ばれるもので、水深1000m以上ある外洋のポイントに、人工衛星を思わせるウキをアンカーを打ちロープで固定した人工の漁場の事です。
ウキを固定するロープには海藻類が付着し、プランクトンやそれを食べる小魚等が居着く様になります。

すると、その小魚を食べる中小型マグロやカツオ、シイラ等の中型の肉食魚が回遊する様になり、さらに、これらの中型魚を食べるカジキや大型マグロ等が集まるという食物連鎖が展開されるのです。

現在、沖縄本島や久米島、宮古島や八重山周辺に100基以上のパヤオが設置されていて、その一部が釣り人にも解放されて、県外からの観光客はもちろん、地元の釣り人にも人気の船釣りとなっています。

周年釣れますが、お薦めのシーズンは4月から11月となります。

image2

カツオ

パヤオで釣れる魚

パヤオで釣れる主なマグロの種類はキハダマグロ、メバチマグロ、トンボマグロの3種類で、他にカツオやシイラ、ツムブリ、時にはカジキも釣れたりします。

image2

パヤオでも魚の住み分け

パヤオでは、大まかに図の様な魚の住み分けがなされています。
パヤオ周辺の上層部にはカワハギ、ムロアジ、イスズミ、ツムブリ等の小型魚のゾーンとなります。
そのゾーンの周辺が小型のマグロやカツオの多い中小型魚のゾーンとなります。その下、パヤオの近くの水深40〜100mには
メバチマグロのゾーンとなります。
大型のキハダマグロはパヤオからやや離れた水深90〜200m棚にいる事が多いです。
シイラはパヤオ近くの小魚ゾーンや中小型魚ゾーンを中心に回遊しています。

パヤオの層 (クリックすると大きな図)

 

 TOP 次へ

(2008.05.20掲載)




美ら島物語美ら島スポーツ釣り王国パヤオフィッシング

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2015 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる