ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

美ら島物語 釣り王国
トビイチャーで狙う夜の大マグロ

9月〜12月にかけて沖縄本島南部から中部の沖合いで、盛んに行われているのが夜のマグロ釣り
夜釣りで釣れるマグロは昼間に比べ大型なのが特徴で50キロ〜70キロオーバーというのも珍しくない。
最近は、久米島や与那国でも行われる様になり、県内の大物釣りファンを楽しませてくれている。
そこで今回は地元の大物釣りファンの間で密かなブームとなっている究極の大物釣り夜の大マグロ釣りを紹介させていただきます。



 

アオリイカ

トビイチャ−釣り


photo

この釣りで無くては始まらないのが沖縄の方言でトビイチャ−(和名トビイカ)と呼ばれるイカ。船の照明に引き寄せられたこのイカは簡単な仕掛けで大量に釣れ、アタリ・ハズレも少ない。
エサ用としてもお土産用としても最適で、イカ独特な引きは釣っても楽しいし、最高なマグロのエサとなる。

<トビイカ> ツツイカ目 アカイカ科
筋肉質のイカで、敵に襲われるとジェット噴射で 海中から海上に飛び出し、時には50m近く滑空する事がある。 太平洋からインド洋の暖海に生息し、日本では九州以南に生息する。一夜干しや塩辛が有名だがフライ・バター焼き・唐揚げ・炒め物にしても美味しい。


ポイント

 

クリックすると大きな図になります。
トビイチャー釣り仕掛図

photo

photo
タックル・仕掛け・ロッド
  オモリ負荷50号、2.4m前後の胴調子竿が向く。
リール
  PEラインの6号前後が150〜200m以上巻ける両軸リール。棚が浅いので手巻きでも良いが、中・小型の電動リールなら仕掛けの上げ下げが楽だ。
仕掛け
  ハリスは予想外の大物にも対応可能なハリス12号前後を使用。夜釣りなので太くしても喰いはあまり変らないし、万が一の大物(ソデイカ等)にも対応可能。枝は、親子サルカンやカラマーズビーズ等で接続する。
スッテ4号〜5号
  トビイチャ−漁で一般的に使われるのが浮きスッテ。
プラツノ
  浮きスッテと混ぜて使うと効果的でピンクに反応が良かった。
鉛スッテ40〜50号
  スッテ型のオモリで、オモリとスッテの2役を兼ねる優れ物。
イカの棚と誘い方
日が沈んで暫くすると放電管の明かりにトビイチャ−が集まりだす。
棚は水深50m位から水面までで、仕掛けを下ろす時、指でスプールを押さえ数m毎に1〜2秒ストップしながら50m程仕掛けを下ろす。アタリが無かったら、今度は逆に電動リールのスイッチをオンにしてゆっくり巻き上げながら、竿をしゃくって誘いをかける。
 TOP 次へ

(2008.10.30掲載)


美ら島物語美ら島スポーツ釣り王国トビイチャーで狙う夜の大マグロ

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2015 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる