美ら島物語
けいさい予定 サイトマップ
TODAY’S美ら島



その他の今日の島々は?  |沖縄久米島宮古島石垣島西表島与那国島座間味島やんばるCA
 Today's編集部
みーかーメールはこちら

2012年 3月
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
前月へ次月へ
12/03/30 23:55

ハイタイ! こんばんは☆みーかー@那覇です。今日も霞がかっていましたがお天気に恵まれた那覇。最高気温は24.5℃まで上がりました♪

本日をもって『美ら島物語』編集部を寿退職させて頂くにともない、当コラムの担当を外れさせて頂きます。長かったような、短かったような…。ちょっぴり淋しい気持ちになりました。
メッセージをくださった方々、応援して下さった方々、毎日ご愛読下さったみなさま、本当にありがとうございました(*^-^*)
今日も読者さまから頂いたメッセージに感動してウルウルでした。

さて、私が担当させて頂く最後のコラムは、現在新空港を建設中の石垣空港で働いている航空整備士さんのお話です。
今月の読者プレゼント・コメント欄に「私は高校時代、飛行機の整備士になりたかったのですが。整備士さんのやり甲斐や、苦労話などがしりたいです」と言うリクエストがございましたので、そのリクエストにお応えしたいと思います(*^-^*)

今回お話を伺ったのは、先週の黒島島唄取材でも大変お世話になった黒島出身の島仲武さんです。現在、石垣空港で働く武さんは、JTAの整備士として29年勤務していらっしゃる大ベテランです。
ではどうぞ♪(*^-^*)


--------------------------
石垣空港のJTA航空整備士・島仲武さんインタビュー
--------------------------

<質問> 航空整備士のやり甲斐は?

<航空整備士・武さん>
やり甲斐はとてもあります。
ひとつでも間違ったら重大な事故につながりますので、とても慎重に作業しています。
故障にあたったときは、お客さまが待っているので、とにかく時間に追われます。
安全と時間の双方が求められるので大変なのですが、そこをクリアできたとき、やり甲斐を感じますね。

私には“飛行機が時間を取り戻す”というイメージ。私が中学生の頃、むかしは石垣から船で12時間かけて那覇まで行っていましたから。それが、今はたった一時間で那覇へ行ける。これはものすごいことなんですよ。それを成し遂げる飛行機はすごいんです。



<質問> 苦労話は何かありますか?

<航空整備士・武さん>
資格を取る時がすごく大変でした。口頭試問もありますが、実技試験がとにかく大変でしたね。

航空整備士というのは、向き不向きがあります。それは、正直な人間しかこの仕事はできないということです。そして、正直な人間しかやってはいけないと思う。ちょっとでも手を抜こうという気がある人はできない仕事です。
力学、気象、ありとあらゆることが飛行機には詰め込まれています。地上で生活できる世界をそのまま上空10,000メートルに持っていっているのです。この高度になると空気は壁です。固体なんです。だからほんの小さな隙間や、わずかなミスが命取りになる世界なのです。

ヒューマンエラーが重大な問題となっている昨今、とくに安全管理は徹底しています。
講義で柳田邦男さんから2.5人称という考えを教えてもらいました。1人称、2人称、3人称がありますよね。2.5人称とは自分の家族、身内のことです。常に飛行機には自分の身内が乗っているのだという考えを持ちなさいということなのです。



<武さんから美ら島物語の読者のみなさんへひとこと>
みなさんへ2つのことをお伝えしたいと思います。

1つ目。
現在建設中の石垣島の新空港、来年2013年3月7日の1便から就航します。飛行場そのものが移転することは沖縄県内では初めてのことです。
3月7日に向けて準備が始まっており、空港のすべての人たちが期待と不安を抱えつつ、ワクワクしながら準備にがんばっています。
現在の空港と新空港は直線距離で7kmほど。クルマで15〜20分くらいなのですが、最終便が発った後、夜な夜な荷物を運んでいます。
とにかく、各航空会社の垣根を超えて、石垣空港のひと全員が頑張っています!!

2つ目。
私の生まれ故郷である黒島は何にもない島だけど、歩いて廻れるくらいの、のんびりするには良いところです。黒島は一番いい島だと思います(笑)
黒島の人は知らない人とでも会釈します。黒島だけではないと思うけど、離島ではぜひ島人に自信をもって会釈して下さい。必ず(会釈が)返って来ますから! 親近感がわいて、もっと楽しい旅になると思います。
万が一、返って来なかったら、みーかーさんに文句を言って下さい(笑) 冗談です。本当に、返って来ますから♪


※島仲武さんには島唄連載『恋ししまうたの風』第13回「ちんだら節」にもご登場いただきます。どうぞお楽しみに♪
---------------------------

武さんは本当に話し上手で説明上手。武さんの航空機の安全性をはじめ、飛行機にまつわる様々な興味深いお話に「へー」、「ほー」と感心しきりでグングンと惹きこまれて行きました。
現在、石垣空港では航空機1機飛ばすのに10〜12名の方が関わっているそうです。
いまの石垣空港の着陸時のブレーキのすごさも、ボーディング・ブリッジがなくてタラップから降りて路面を歩くことも、八重山に来たんだな〜感を盛り上げてくれました。
むかしの離島桟橋がターミナルに変わり、便利になったのでしょうが、島旅の風情が少し薄れた感が淋しい気持ちになったのと同様、新空港が楽しみで期待しつつも、離島感、八重山感が薄れちゃわないかなぁなんて思っちゃいます。

でも、
八重山の自然は、ひとは変わりません。
武さんがおっしゃる通り、離島へ行ったら、ぜひ島人に会釈(挨拶)してみて下さい。そこから楽しい旅の扉が開くはずです!(*^-^*)


長文になってしましましたが、最後までお読みいただきありがとうございました(*^-^*)
今後ともJTA、そして『美ら島物語』を末永くよろしくお願い致します。
みなさまとの出逢いに感謝☆

最後に、
読者プレゼントのコメント欄でずーっと気になっていて、いつかこちらでご紹介したかったのが、恩納村の道の駅の「たーむぜんざい」。これが「ものすごく美味しい!」と大絶賛のコメントを頂いていたので、ぜひ一度試したいと思っていたのですが、いまだ試せず、こちらでご紹介しそびれちゃいました。相当に美味しいと絶賛している方がいらっしゃいますので、機会あればチャレンジしてみて下さいね(*^-^*)


本当にデイリーコラム【Todays 編集部】担当みーかーのご愛読ありがとうございました☆
またどこかでお目に掛かれる日を楽しみにしています(*^-^*)

うんじゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん!
(あなたの明日のお幸せを願っています)

今日もご愛読ニフェーデービル♪
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆


■写真は私のデスクトップの壁紙です。大好きな池間島のプライベートビーチ。昨年行って惚れ込みました。今年も行きたいな〜♪
来月は糸満へ引越し、8月あたりに恩納村へ引っ越す予定です。いつか、こんなビーチの側に暮らしたい☆

■リンク先は島唄連載『恋ししまうたの風』。こちらは引き続き担当させて頂きます。今後もウチナーの肝心と島々の唄をお届けいたします。よろしくお願い致します(*^-^*)
http://www.churashima.net/shimauta/
バックナンバー




美ら島物語Today's 美ら島Today's 編集部
この記事に関するご意見・ご感想をこちらまでお寄せ下さい。