ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

沖縄を伝える〜歴史〜南島詩人・平田大一 歴史探訪シリーズ「天然島人〜島を歩く、歴史を歩く」

第一話

第2話

第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話



 

第7話/「預言者の瞳〜アカインコと伊波普猷への詩人的考察」

沖縄を伝える〜歴史〜

 

「預言者の瞳」について、考えたことがある。

 凡夫が見えない未来が見え、常人が考えつかない将来をありありと描き出し、詠い語ってゆく「預言者」。その「瞳」について、考えるのである。

 ただし、マホメット、モーゼ、キリスト、仏陀にしろ、だいたいそう言う預言者への周りからの仕打ちは「迫害」の二文字であることも知っている。それでも、僕は思う。

この島の為なら、この島の人達の為ならば、僕はその「預言者の瞳」を持ちたいと。
 

 

 
 沖縄を代表する預言者の一人に「アカインコ」がいる。
彼は、伝説上の人物ではあるが、一説によれば16世紀前半、尚真王の時代(在位1477年〜1527年)の人とも言われており、異国の楽器「三弦(さんしぇん)」を肩からかけ、島々村々を訪ね歩いては現世のものとは思えない歌と演奏で、聞く人々を陶然とさせたとか。

 



 

 



 


 この有名な琉歌は、そのアカインコの神秘性を見事に表したもので、彼が「三線の始祖」とも云われる由来にもなっている。

  琉歌の意味は、「琉球で歌を三線に合わせて弾き始めたのは、赤犬子という音楽の神様の創作である(田辺尚雄/日本楽器漫談抄より)」ということであるらしい。

 

 

 

 吟遊詩人、旅芸人…、色んな呼び名で親しまれるアカインコ。

だが、その彼が謳う「神歌(おもろ)」の内容のままに、事件や事故、災害が起こったことから、次第に村人達から疎ましがられ、やがて疫病神のようなカタチで、その最後をむかえたと云うが、勿論これもまた伝説である。



TOPへ
次ページへ
(2008.10.08掲載)


美ら島物語天然島人〜島を歩く、歴史を歩く第7話/「預言者の瞳〜アカインコと伊波普猷への詩人的考察」

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる