■What's New 最新号  2005年1月1日発行 

若水(ワカミジ)号

JTA機内誌『Coralway』2005年1-2月号 若水(ワカミジ)号


Number96 2005 
若水号 ワカミジ

新しい年の始まりは、元旦の朝に井戸で若水を汲むことから始まる。今では水道に変わったが、若返りの水という意味は変わらない。
ウチナー口では「わかみじ」


表紙は与那国島の南東海岸








特集シリーズ「沖縄はどこからきたのか。」がスタート
今号から、新しい特集シリーズ「沖縄はどこからきたのか。」が始まります。
沖縄には、他の日本の地域とは著しく異なる個性があります。その個性が沖縄の魅力となっているのですが、では、その沖縄の魅力はどこから生まれたのかということを掘り下げて、あらためて沖縄を見つめてみようという企画です。
第1回の今号では、「島々の成り立ちを探る」と題して、沖縄の島々を地質学から眺めてみました。今、「沖縄県」となっているたくさんの島々の成り立ちを見ていくと、じつはいくつかのグループに分かれます。それが現在の島の個性を醸しだしているのではないのかー。琉球大学名誉教授の木崎甲子郎氏、同大学教授の太田英利氏に取材し、最新の研究成果もまじえたレポートをお届けします。

 


組踊を体験してみませんか
第2特集では、国の重要無形文化財になっている沖縄の伝統芸能「組踊」について、キラ星のように現れた若手の演者たちを中心に、その魅力や楽しみ方を紹介しています。あわせて浦添市につくられた「国立劇場おきなわ」の情報も掲載しています。
文・長嶺恵美子 撮影・垂見健吾


新連載「島旅日和」お楽しみに
普通のガイドブックではあまりとりあげられない小さな島を中心に、編集部が実際に旅して集めた情報を、島の香りとともにお届けする「島旅日和」が始まりました。第1回は最南端の島、波照間です。
その他、連載「時の旅人」では、宮古島の人頭税廃止運動に尽力した実業家・中村十作の生涯を追うなど、どのページもますます沖縄の魅力満載でお届けします。

 
 NEXT ◆コーラルウェイ・フレンズ
 
Coralway次号3-4月号
  清明(シーミー)号のお知らせ

 
特集「沖縄ゴルフ王国誕生」、 
ジュニア選手の台頭著しい現在の沖縄のゴルフ界について、その歴史的な背景を探ります。
ジュニア台頭の仕掛け人に取材し、アメリカ統治時代から始まる沖縄とゴルフのかかわりを見つめます。
また、巻頭の連載「沖縄もの語り」には、あの宮里藍選手が登場する予定です。

第2特集は「お気に入りの器を探す旅」。
こちらはとくに酒器を中心に、読谷をはじめ各地の作家を訪ね、沖縄の焼き物の魅力に迫る旅のレポートです。


●お便り待ってます
〒151-0051東京都渋谷区千駄ケ谷5-26-5-902
編集室 りっか『コーラルウェイ編集部』

         info@e-rikka.co.jp
 
●コーラルウェイバックナンバーはこちらから 
 
沖縄大好き人間の集まり「コーラルウェイ・フレンズ」に入会しませんか。ご入会いただきますと、「コーラルウェイ」を毎号お届けするほか、さまざまな特典が受けられる会員カードを発行いたします。
入会ご希望の方は振込用紙(「コーラルウェイ」本誌巻末)に必要事項をご記入のうえ、お近くの郵便局からお振込みください。会費は初回が4600円(入会金込み、6冊分、消費税込み)、継続の場合は3500円(6冊分、消費税込み)です。


●コーラルウェイフレンズ事務局

 お問合せは
〒900-0027
沖縄県那覇市山下町3-24
(株)JAL JTAセールス内
TEL 098-857-0526

     

●ネットでのご購入はこちらから 
Copyright(C)2005Japan TransOcean Air All rights reserved.