表紙写真 ライトアップされた首里城
撮影・垂見健吾


『Coralway』2007年3-4月号  Nnmber109

清明(シーミー)号

旧暦3月の清明節のころ、沖縄では大きなお墓の前庭に門中といわれる親族たちが集まり、祖先供養の宴を張る。墓前であの世とこの世の交歓会が繰り広げられるのだ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

.



今、私たちが出会うことのできる沖縄のさまざまな事象のルーツを見定める特集シリーズ。
第6回目は、いよいよ琉球王国の時代に入ります。
日本のはるか南にあって、中国と密接な関係を持ち、日本や東南アジアの国々との交易で栄えた琉球王国。その象徴ともいえる首里城は、太平洋戦争で焼失しましたが、1992年に復元されました。
じつはこの城には、たくさんの謎があるのです。
正殿はなぜ西向きなのか。「京の内」とはなんのための空間か。薩摩に攻められたとき、なぜ簡単に降伏したのか……などなど。『逆説の日本史』の著者、作家の井沢元彦さんが、この謎とともに首里城を歩きました。

文・井沢元彦 監修・高良倉吉 撮影・垂見健吾 イラスト・市川興一


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 

創刊1周年を記念して1988年に始まったCoralway写真コンテスト。20回記念の今年は、通常の賞に「特別賞」5点を加え、佳作まで全22作品をすべて誌面でご紹介しています。
ぜひ誌面でお楽しみください。
なお、受賞作品はwebサイト「こちら」でもご覧いただけます。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 




感謝の思いを込めて「ミーファイユー」 BEGIN
石垣島出身のミュージシャンBEGIN。この春、彼らが高校時代を過ごした1980年代の石垣島を舞台にした映画「恋しくて」が公開されます。このなかで主題歌「ミーファイユー」を歌い、映画にも出演している3人に、映画について、故郷の石垣島についてお話をうかがいました。




 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





宮古島と橋でつながり、車で気軽に訪れることができるふたつの島、来間島と池間島。とびきり美しい海と、素朴な島の暮らしにふれることのできる、この小さな島を訪ねました。島の味処やオシャレなカフェも取材しています。




 
◆コーラルウェイ・フレンズ



●お便りお待ちしています
〒151-0051東京都渋谷区千駄ケ谷5-26-5-902
編集室 りっか『コーラルウェイ編集部』
         info@e-rikka.co.jp


●コーラルウェイバックナンバーはこちらから 
沖縄大好き人間の集まり「コーラルウェイ・フレンズ」に入会しませんか。ご入会いただきますと、「コーラルウェイ」を毎号お届けするほか、さまざまな特典が受けられる会員カードを発行いたします。
入会ご希望の方は振込用紙(「コーラルウェイ」本誌巻末)に必要事項をご記入のうえ、お近くの郵便局からお振込みください。会費は初回が4600円(入会金込み、6冊分、消費税込み)、継続の場合は3500円(6冊分、消費税込み)です。


●コーラルウェイフレンズ事務局

 お問合せは
 〒900-0027
沖縄県那覇市山下町3-24
(株)JAL JTAセールス内
TEL 098-857-0526      
     

ネットでのご購入は ⇒こちらから→ 
2005若水号2005清明号2005若夏号2005真南風号2005風車号2005新北風号
 | 2006若水号
2006清明号 | 2006若夏号2006真南風号2006風車号2006新北風号
2007若水号
この記事に関するご意見・ご感想をまでお寄せ下さい。
Copyright(C)2001-2007 JTA All Rights Reserved.