ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

国指定重要無形文化財 組踊への誘い −琉球芸能の古から未来−

組踊 −その誕生・派生・未来−
作品鑑賞 −朝薫五番から−
作品鑑賞−朝薫五番から− 銘苅子 −めかるしー−

銘苅子(めかるしー) 銘苅子(めかるしー) 銘苅子(めかるしー)
ある日のこと、銘苅子という男が野良の帰りに松の木の下の泉を通ると、天女が水浴びをしていた。天女を一目で見初めた銘苅子は、羽衣を盗み、妻になれと言い寄る。羽衣を盗られ昇天できない天女は、仕方なく銘苅子と夫婦になることを承諾する。
歳月を経て、二人の子をもうけた銘苅子と天女。四人は仲良く暮らしていたが、ある日、子らが歌う子守歌を聞いて、天女はあの日盗られた羽衣が米蔵に隠されている事を知る。

迷いながらも、昇天する事を決意する天女。二人の子を寝かしつけ、羽衣を身まとう。目が覚めて泣き叫ぶ子らを遥かに見下ろしながら、天女は断腸の思いで昇天する。
母を探し求め、毎日のように野原をさまよい歩く二人の子。銘苅子親子の事は、やがて王府まで知れ渡るようになる。「不思議な事もあるものだ」と感心した王府は、銘苅子親子を取り立てる事に決める。銘苅子には位階を授け、天女の子である二人の子、姉(思鶴)は城内で養育し、弟(亀千代)は成人したら役人に取り立てようと申し出る。
悲しみにくれていた親子だったが、これは果報なことだと喜び、踊りながら家へ帰る。
銘苅子(めかるしー)
銘苅子(めかるしー)
登場人物 銘苅子、天女、女子(思鶴)、男子(亀千代)、上使、供(一)、供(二)、きやうちやこ持

物語のはじまり 銘苅子が天女に求愛、結婚。二児をもうける。天女は羽衣を探しだして身にまとい、昇天する。

物語の結末 王府が銘苅子親子を取り立てる。

ここが見所!
(1)天女(母親)が二人の子を寝かしつけて、昇天する場面。
(2)母親を失った二人の子供が、父親の銘苅子に悲しみを訴え、銘苅子がその子らに語りかける場面。
戻るトップへ

組踊への誘い−琉球芸能の古から未来−組踊−その誕生・派生・未来−作品鑑賞−朝薫五番から−




美ら島物語美ら島情報沖縄本島組踊への誘い -琉球芸能の古から未来-

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる