ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

沖縄 東西南北端っこめぐりの旅
10月2日(木) 北大東島1日目 

憧れの南北大東島へ

那覇空港で、もりこさんに聞かれた。
「宿はどうする?北大東島には2軒あってね。今日1泊して、よかったらそこに2泊にする?」
「今決めていいですか?1泊ずつにします!」
どんなことでもチャレンジしてみたい気分のこの旅だから、即答できた。

ではでは、ひと足お先にいってきまーす。振り返って、お見送りしてくれてるもりこさんに、何度も何度も
手を振った。うれしくって、スキップしてた。やだぁ。
ついに念願かなう時がやってきた
「行きたい」じゃなくて「行かなくちゃ」と直感した島:北大東島・南大東島。昔読んだ沖縄本程度の知識
しかないのに、手がかりはほとんどないのに、「行かなくちゃ」と突然、そして強く思ったんだよね。

搭乗のアナウンス。いちばんに乗り込んだ。バスは1台だけ。飛行機も小さい。わたしはタテにおっきい
(背が高い)ので、飛行機に頭をガツンと、結構激しくぶつけちゃった。あとね、飛行機と一緒に記念撮影
してたら、搭乗が一番最後になっちゃった。えへへ。浮かれすぎ。

RAC867便 那覇14:40発 南大東行き

いよいよだ。眠いのに眠れない。窓側をリクエストしたから、ずーっと窓にはりついてた。
太平洋に向かって飛ぶんだよね。初めての方角だ。

海外も国内もひとり旅はいっぱいしてきた。いつも平気だった。なのに今回はドキドキする。
不安じゃなくて、うれしいドキドキ。肝ドンドン!もうすぐ着くよ。どんな所なんだろう。飛行機が傾いてきた。
車輪も降りてきた。(おー!車輪が出てくるの初めて見たよ)

あーっ!うっすらと島が見えてきた。『もぉっ!窓開かないかなぁ!(開かないよ)』と思いつつ、さらに窓に
顔をくっつけた。サンゴの岩の黒、木とサトウキビ畑の緑、赤土の茶色、サギの白。大自然ってかんじだなぁ。
『え?畑に着陸するの?』って思ったら、もぉ地面にいた。あっという間の着陸だった。

プロペラの回転がゆっくりになり、羽が見えてきた。あの羽の前で「ワ・レ・ワ・レ・ハ〜」とかやったら、
宇宙人みたいになるのかなぁ。ふふふ。

南大東空港に到着。今日は木曜日だから、南大東島でお乗り換え。
もう1回保安検査して、今乗ってきた飛行機に 。
日本一短い路線

RAC835便 南大東16:15発 北大東行き

え?もぉ着陸?たしかに日本で一番短い路線とは聞いてたけど、想像以上に早い!おおげさじゃなくて、
山手線かと思ったもん。もしかして、車輪も出っ放しだった?
(答えは南大東島のページに書いておきましょうねぇ)

陽がさしてる。10月なのに30℃もあるよ。うれしい。

本日のお宿、ハマユウ荘へ

 


ホテルのねーねーがお迎えにきてくれた。まず名前を告げて、1つ疑問に
思ったことを質問してみた。「荷物はどこで受け取るんですか?」ちっちゃく
てかわいい空港だから、わからなかったんだもーん。ふふふ。

貸切の車でホテルへ。カラフルなお花があちこちに咲いている。ピンク・黄
色・白・うす紫・赤。ピンクもいろんなピンクがあるよ。ホントにお花でいっぱ
い。町並みも整っていてキレイなの。
この島を男か女かで分類したら、絶対に女だと思う。「あの花はなんていう
名前ですか?」「キレイですね!」と、とってもコーフンしてたら、
「この島で生まれて、この島で育ち、毎日見てるから日常の風景なんです
よ。」って、ねーねーのお返事。こんなにキレイな風景を毎日見られるなん
て、うらやましいなぁ。

ん?もしかして。東京で生まれ育ったから、他の場所の良さに気づけるの
かなぁ?そうだとしたら、東京で生まれ育ったことに感謝しなくっちゃ。

そんなことを考えていると「ココが島に1つしかない信号です。」と教えても
らった。『へぇ〜』と思っていたら、ハマユウ荘に到着。コンクリート打ちっぱ
なしの近代的なホテルだよ。

夕飯前のお散歩

チェックインの時に、手作りの地図をもらった。さっそくお散歩してこよう。
ルームキーを預けて「行ってきまーす!」と、張り切って出発。

あ、地図忘れた。フロントに戻り、恥ずかしいけど「すみません、お部屋に地図を忘れてしまったので、
カギを下さい。」と言ったら、もう1枚地図を頂いた。わぁい。1枚は保存用にしよう。ありがとう。

うーん、地図が読めない。今通ってきた方向に行きたいんだけど、どっちだろう?ま、いっか。急ぐ旅
でもないし、気になる方向に歩いてみよう。


ピンクの花をみつけてパチリ。サトウキビ畑をパチリ。バナナの木をパチリ。
どこまでも続く1本道をパチリ。おーっ、この写真いいよ!フォトコンテストに
送ろうかなぁ、ってくらいお気に入りの1枚が撮れた。もちろん、ここでもわ
たし撮影大会したよ。セルフタイマーをセットしながら道端にはいつくばって
ると、通りすぎる車の運転手さんたちがスピードを落とし「大丈夫?」と見て
くれる。「大丈夫でーす。というか、すみません。」


この島の人は優しい。歩いてる人もドライバーさんも「こんにちは」って声をかけたりおじぎをしたりすると、
丁寧におじぎして、挨拶してくれるんだ。みんながそうなの。うれしいなぁ。この島の人に受け入れてもら
えてる気がして、とってもうれしい。よい気分。

あった!島に1つしかない信号に到着。信号の前にあるJAでお買い物。
夕飯までまだ時間あるから、オリオンビール買っちゃった。ひとりで乾杯しちゃおう。何に乾杯しようかなぁ。
そうだ!わたしらしくいられるこの島に乾杯!あー、おいしい。


大東寿司


わぁい。夕飯は大東寿司だぁ。サワラとマグロだって。まずはマグロの
お寿司をパクリ。う〜ん、見た目ほどしょっぱくない、ちょうどよい味つけー。
おいしい。続いてサワラのお寿司もパクリ。うわぁ、何個でも食べられる。
あ、しつこいけど、東京ではごはんあんまり食べられなかったんだよ。
それなのに、いっぱい食べられる。
おいしくって、あっという間に食べちゃった。

他にも、お刺身もあるし、ナワキリ(八丈方言)のバター焼きも。
これ、とってもおいしーっ。「おかわり下さい!」炒め物(ナス・ピー
マン・チキン)には大好きなピーマンが入っていて、うれしい。


あー、おいしかった。ひとりで食べるごはんなのに、こんなに味わって、しかもおいしいと噛締めながら
食べられるなんて。うれしい。ごちそうさまでした。うれしいから、部屋に戻るまでもわたし撮影大会し
ちゃった。

いろんなことに、素直に感動できたり、挑戦できたり、今までと違うわたし、本当のわたしになっていっ
てるのかなぁ。今、このタイミングで沖縄に来ることができてよかった。しみじみ思った。

真っ暗

バンッ!

急に真っ暗になった。停電かな?ドアを開けると、レストランは明るい。どうしたんだろう?フロントの人に
聞いてみた。調べて頂いてる間に、ベランダに出て星を見た。星がいっぱーい。暗いから、さらにキラキ
ラ光って見える。

ブレーカーが落ちたみたいですぐに直ったんだけど、そのおかげで星を見ることができた。あまり好きでは
なかった星を『キレイだなぁ』と感じることもできたよ。粋な演出。ありがとう。
←伊平屋島編へ 次へ→
(2009.01.13掲載)


美ら島物語美ら島情報沖縄 東西南北端っこめぐりの旅東編 北大東島

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる