ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

沖縄の島唄巡り 恋ししまうたの風 〜南の島々のうたを訪ねて:第19回「漲水のクイチャー」(宮古島)

「汗水節」歌詞と大意

一、汗水ゆ流ち 働ちゅる人ぬ
   心うれしさや 與所の知ゆみ

ニ、一日に五十 百日に五貫
   守てそこねるな 昔言葉

三、公衆の為も 我が為ゆと思て
   百勇みいさで 尽しみしょり

(歌意)

一、汗水流して働く人のうれしさは、他人は知らない。
  勤労は何にもまして尊いものである。

ニ、節制と忍耐で自らを戒め、自助努力を説いた先人の教えである。
  昔の人の言葉には真理がこもっており、尊い教えを守って努力しよう。

三、万人のことも自分のことと思って頑張ること、社会奉仕の涵養を説く。

「『汗水節』は、苦しい時代であったからこそ生まれた唄です。

苦しい時代に理想郷を描き、勤労によって社会を立て直そうと、働く喜びをうたった唄。
気持ちを奮い立たせるために逆境から生まれた唄なのです」
と作詞者・仲本稔氏のご長男・仲本薫さん。

第一次世界大戦終戦後におこった戦後恐慌、追い打ちをかけるように襲った1923(大正12)年の関東大震災。そして1929(昭和4)年、世界恐慌が日本を襲い、国内は慢性的な恐慌にみまわれました(昭和恐慌)。

世界的な大不況の波は沖縄にも押し寄せ、大正10年には国税の滞納額が47.4%となるほど、沖縄は不況のどん底でした。
農村では食べることもままならず、男の子は糸満の漁師に、女の子は辻(遊郭街)に身売りされ、人々は調理を誤れば命を落とすこともあるソテツの実を食べて飢えをしのいでいました。貧しさのあまり、本土へ出稼ぎに出る人々、海外へ移民する人々も少なくありませんでした。
大正末期から昭和初期にかけておこったこの恐慌を沖縄では「ソテツ地獄」と呼んでいます。

このような大不況ただなかの1928(昭和3)年、昭和天皇御大典記念事業の一環として、沖縄県学務部社会課が「貯蓄奨励民謡」を募集。具志頭村字仲座出身の仲本稔氏の「勤倹力行の奨」(歌詞)が入選を果たしました。
サンパチロク(八・八・八・六)の琉歌にのせて稔氏は、「勤労を尊ぶ心、勤倹貯蓄の心、夢と希望を育む心、健康と長寿の心、学問を奨励する心、社会奉仕の心」を訴えました。(※本来6節ある歌詞のなかから、今回3節を抜粋してご紹介しております。)

稔氏のつくった歌詞に翌1929(昭和4)年、石垣島出身の宮良長包氏が曲をつけて、改題したのが「汗水節」です。

「歌謡曲調の作曲が多い宮良長包先生が、初めて琉歌に手がけた一曲目が『汗水節』です。先生が作曲された琉球民謡としては初めての曲だと思います」
と薫さん。

苦しい厳しい時代に生まれた「汗水節」は、親しみやすいメロディーと率直で心打つ歌詞で、瞬く間に口伝えで広まっていきました。

「汗水節」の歌詞は稔氏が沖縄県立蚕業試験場蚕業技術養成所に通っていた25歳のときにつくったと伺い、「25歳という若さでこれほどしっかりした歌詞をつくるとは!」と驚きました。
稔氏が堅実な青年であったことに加え、それほど厳しい時代であったからこそ生まれたことがうかがえます。

「『汗水節』は移民の方が異郷の地でよく歌っていました。不毛の地を開拓するためにハワイ、ブラジル、ペルーなどへ渡ったウチナーンチュたちが、外国の新しい厳しい環境のなかで、自分を奮いたたせるために沖縄で流行っていた『汗水節』を歌っていたのです。
移民の1世から歌い継がれている『汗水節』はホノルルや交流会でもよく歌われているとか」

薫さんのお話を伺いながら、“人々の心を明るく照らし、支えとなっていた「汗水節」は、あの時代、人々に望まれて必然的に生まれたのかもしれない”と、泥と汗にまみれた真っ黒に焼けた人々の笑顔を思い浮かべたのでした。

前のページヘ

次のページへ

 

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる