ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

沖縄の島唄巡り 恋ししまうたの風 〜南の島々のうたを訪ねて:第38回「昔いきんとう」(与論島)

「正月エーグ(しょうがつエーグ)」歌詞と大意




◆動画「正月エーグ」

「エーグ」は、「ウタ」という意味。

宮古ではウタはすべて「アーグ」または「アヤグ(アヤゴ)」と呼ばれています。

「アヤグ(アヤゴ)」は「綾言(あやごと)」のなまったものであろうと言われ、アヤは綾錦、グ(ゴ)は言葉という意で、「綾言」は「美しい言葉」という意味になります。

石垣島と宮古島の中間に位置する多良間の「エーグ」と「アーグ」は同じと考えてよさそうです。

親と子の掛け合いのようになっている「正月エーグ」は多良間島の古歌謡のひとつ。 作詞・作曲者、作られた年代不詳、すべてわかりませんが、多良間村発行の『島のむかし歌』には、「むかし(戦前)は年頭挨拶のとき、よくうたわれていた。」とあります。

今回は、「多良間島のウタで『正月エーグ』が一番好き」とおっしゃる仲良し姉妹、清村光子さん(76歳)と野原正子さん(73歳)に「正月エーグ」を唄っていただきました。

新年を祝い喜び、子が親の健康と長寿を祈る「正月エーグ」。はじめの3番くらいまでは決まった歌詞を唄い、そのあとは、それぞれが即興で思い想いを唄っていたそうです。

正月エーグ大会があったことを証明する賞状が野原正子さん宅に飾ってありました。
「お義母さんが正月エーグ大会に出たいと言って、いっしょに出たんですよ。


公民館の舞台に立った時、私は嫁なので一歩下がって立っていたのですが、お義母さんが『なんで、一緒でいいよー』と言ってくださって横に並んでいっしょに唄いました。


お義母さんはウタが上手でね。


賞状にはお義母さんの名前しかありませんが、ほんとうは隣に私の名前もあるべきなんですよ」。
正子さんは誇らしげに当時を振り返られました。

前のページヘ

次のページへ

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる