ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

沖縄の島唄巡り 恋ししまうたの風 〜南の島々のうたを訪ねて:特別編 西表島祖納「節祭」

国指定重要無形民俗文化財である西表島の祖納「節祭」

沖縄県で沖縄本島に次いで2番目に大きな島、西表島。八重山の美しい海はもちろんのこと、マングローブに囲まれた川あり奥深い山ありと、アウトドアに事欠かないダイナミックな南国の自然が楽しめる島です。

島への空路はなく、玄関口となるのは大原港と上原港、2つの港。石垣港からそれぞれの港への定期船が出ています。上原港からバスで約20分、車窓から見えるのはジャングルを彷彿させるような風景を眺めていると祖納集落へ到着します。

伝承によると祖納集落は14世紀頃、大竹祖納堂儀佐が村立てしたと伝えられています。15世紀末には後に西表首里大屋子(いりおもてしゅりおおやこ)となる慶来慶田城用緒(けらいけだくすくようちょ)が現れ、祖納は西表島統治の中心的な位置を占めるようになりました。

「種を撒く種子取からはじまり、植えた苗が真っ白い強い根を張って土を掴んで若葉がたくさんついて豊作になるように祈るユニンガイ(世願い祭)、初穂刈のシコマ、喜びの豊年祭プリヨイ、そして一年間の一番最後の締めくくりとなるのが節祭です。
豊作を願い、無病息災、集落の繁栄を祈願する祖納最大の神行事で、500年以上の歴史を有するといわれています」
元公民館長で長年地謡を務められている那根操さん。

1991年国の重要無形民俗文化財に指定された節祭は、十干十二支の己亥から3日間にかけて行われます。
1日目が大晦日にあたる「トゥシヌユー」(年の夜)。
2日目が正月元旦にあたる「ユークイ」(正日)。節祭の中心となるユークイでは、無人島マルマボンサンを筆頭に島々が浮かぶ美しい景観の浜辺「前泊の浜」のことを「船元の御座」と呼び、世乞い行事が挙行されます。
3日目は「トゥズミ」(止め)と言って水恩感謝の儀ののち一連の行事を締め括る、というのが節祭の流れです。

前のページヘ

次のページへ

 

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる